Last Modified 15/06/10

☆ペットボトルを使った保温カバー、保温BOX
 

カスピ海ヨーグルトを育てて無事にはじめての冬を越すことが出来ました。 冬は気温が低いので菌の成長が遅く、牛乳と混ぜてもなかなかヨーグルトが出来ません。 真夏では2〜3時間程度で出来ていた粘度までになるにも、冬は半日〜1日放置しておかないと出来ない状況でした。 結局は温度管理しか回避策がなく、常温放置での温度を上げる方法を考え、いろいろと試した結果、ペットボトルによる保温カバーにたどり着きました。 この保温カバーを牛乳パックの上から被せて、直射日光の当たる場所に置けば保温カバーの内側はビニールハウスのように暖かくなり、ヨーグルトの成長を促進させることが出来ます。 


 

 〜 保温カバーの特徴 〜
身近な材料で、簡単に作れる
牛乳パックのサイズにぴったり
直射日光のパワーを借りるので、ヨーグルトメーカーのような電気代がかからない
冬はもちろん、秋、春の気温が低いときにも使える

 


 〜 保温カバーの作り方 〜
用意するもの
  2リットルの角型ペットボトル(私はアクエリアスのペットボトルを使っています)
  黒いビニール、(私は以前使用していた黒のゴミ袋を使っています)
  セロテープ
  カッター
  ハサミ
ペットボトルの底から1cm程度の所で、底を切り落とす
切り落とした4辺のうち、長手2辺の中間に5cm幅程度の空気の通り道を開ける
キャップを閉めておきます(紛失した場合は無くてもOKです)
空気の通り道よりも上側周囲に黒いビニールシートを巻いて、セロテープでとめる
出来上がった保温カバーは牛乳パックの上から被せて使います
保温カバーの下部(空気の通り道)は黒シートがないので牛乳パックがあるか簡単に見分けることが出来ます
保温カバーを使えば、窓越しの直射日光が当たる所に置けば冬でも確実にヨーグルトを作ることが出来ます
天気の悪い日はファンヒータの前(2メートル程度離して)置くのも効果があります

ペットボトル底を切取り黒いシートを巻 く 黒ビニールシートを巻いたところ

カバーの下側から牛乳パックが見える

 

 

秋、春においてもヨーグルトの成長にとっては十分の温度ではなく、成長が遅いことがあります。 そんなときでもこの保温カバーは役立ちます。  なお寒いときにはタネと混ぜる牛乳は、牛乳パックのままぬるま湯に20分程度つけて、20〜30度程度まで暖めてからタネと混ぜるとうまく作ることができますので、この保温カバーと併用してください。


 

 〜 保温BOX  〜 

ペットボトルの保温カバー以外の方法では、簡易的に保温環境を用意するにはキャンプのときに使うクーラーボックや、蓋のできる大き目のスチロール箱に、熱湯(蛇口のお湯でOK)を詰めた2リットルのペットボトル数本 を湯たんぽとしてを一緒に入れて置く方法が簡単です。暑すぎることも無く半日以上は暖かい環境のまま保温出来るので沢山のヨーグルトを一度に作るときにもオススメの方法です。私は株分け用のために大量のヨーグルトを作っておりますが、最近はこの方法で実施しております。
 

クーラーBOX 簡易保温BOX

クーラーBOX利用の保温BOX 段ボール箱利用の簡易保温BOX

 

また、 簡単に発酵環境を準備するには段ボール箱を使って簡易保温BOXを作る方法もあります。1リットルまたは2リットルのペットボトルに熱湯(蛇口のお湯でOK)を詰めて湯たんぽを作ります。タネを仕込んだ牛乳と、湯たんぽをバスタオルなどにくるんで段ボール箱 に入れておけば簡易保温BOXの出来上がり です。こんな方法でも冬を乗り越えられます。カスピメーカーなど専用の器具を持っていない方は是非お試しください。


 

 

 

 

 
 
 
 

  

 

SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO